【子どもの自立心がスクスク育つ】キャンプ育3つのポイント

これから輝こうとする子どもの為に

子どもが引っ込み思案な性格をしていて学校でも口数が少ない様だ、出来ればどんどん自分から友達に話しかける様な積極性のあるに子に育って欲しい。そんなお悩みをお持ちでは無いですか?

このレポートはそんなあなたのお力になりたくて作ったものです。

引っ込み思案な子だからこそ伸びしろがある

元気で積極性のある子どもに育つには自立心が重要です。

自立心が強い子どもは、 自信に溢れ、自分で目標を立てて色々な事に取り組めるからです。

例えば周りの意見や行動に流される事なく、自分のやりたい事に集中出来るでしょう。

引っ込み思案な子どもは自立心の成長によって大きな伸びしろがあると言えるのです。

親との関わりで後天的に成長出来る

子どもの脳は3歳までに80%、6歳までに90%作られるそうです、それまでの環境によって性格がある程度決固まってくるという事ですね。

でも今から何をしたらいいのか?正解は何なのか?子育て論も沢山あるので判断に困ってしまう。自信が持てないであったり、引っ込み思案な性格は一生変わらないでしょうか?

いえ、それが一概に悪い事とはではないのですが後天的に積極性や自立心は育てる事が出来ます。 子どもが自然と成長していく中でも、出来れば立派に自立の出来る大人に育ってくれるのが親としては嬉しいですよね。

自立心をもった子どもは幸せに生きる

小さい頃はあんなに大人しかったのに、今では皆を引っ張ってるリーダーになった。なんて人が皆さんの周りにもいるのでは無いでしょうか。子ども時代に自立心が成長する事が大事になってきますが、遅すぎるという事は無いのです。

私が行っているキャンプ育では「自立心」の成長を重視します。

何故重視するのかというと、自立心が育つという事は他人からの指示を待つのではなく「自分から行動出来る様になる」からです。

例えば大人の場合、

  • 一人行動を好む
  • 人の意見に左右されない
  • 自分の信念を持っている

といった性格の人が自立心を持っていると言えます。

そして周りの意見に左右されない人は、「 自分なりの幸せ 」を見つけるのが上手だと私は感じます。

あなたは子どもにどんな成長をして欲しいですか?

「子どもがどの様に育って欲しいのか」によって方法は変わって来きます。

例えば他人と意思疎通する力、コミュニケーション能力協調性を育てたい場合は集団での行動が効果的になってきます。

でも、ただ闇雲に習い事などに通わせても子どものやる気が伴わないと、お金の無駄となってしまう事もあるかと思います(私はやる気が無かった物は全く身にならなかった記憶があります)。

思い出としては残ると思いますが、子どもが乗り気じゃなかったりするのであれば他の習い事やそれ以外の方法を検討するべきだと思います。

さいごに

キャンプ育は子どもが楽しみながら自立心が育つ最良の環境を提供できるように活動しています。

「無理やり」や「やらされている」事って楽しくないですし身になりませんからね。

堅苦しく言うのであれば、

  • 主体性
  • 自発性

を尊重しているという事です。

子どもが、元気いっぱい積極的に物事に取り組む姿を見たいのは親として共通の願いでは無いでしょうか。

そこで、”キャンプ育はどういう方法で自立心の成長させるのか”を簡単にPDFにまとめました。これは日常の子育てでもお役に立てるレポートになっています。

是非お気軽にご一読の上参考にして頂けたらと思います。

\今すぐ読む|無料/

    お名前(姓名) *

    メールアドレス *